幸助のマネー研究室

お金だけでは幸せになれません。ですが、お金で不幸が避けられることも多いです。お金は目的ではなく、手段とすべきと考えます。そのお金を上手に貯めるためにはどうすればいいか考えていきたいと思います。

持ち家vs賃貸に決着

 持ち家vs賃貸は永遠のテーマです。それぞれメリット・デメリットありどちらがいいかは結果論になります。

f:id:hgsksk:20170726213932j:plain

1.持ち家

<メリット>

・隣に気兼ねせず、音がたてられる。

・自分の城として満足感がある

・土地・建物が資産として残る

・老後は家賃がほぼない。

(メンテナンス、固定資産税等を除く)

 

<デメリット>

・ローン以外の諸費用がかかる(固定資産税、メンテナンス)

・長期ローンを組むと、莫大な利子を払う必要がある。

・移住の足かせになり、しがらみとなる。
 (転職がしにくい。嫌になっても簡単に移れない)

・だんだん古くなる。

・子供が出て行ったら、広すぎる

 

2.賃貸

<メリット>

・移住が割と簡単にできる
(嫌になったら違う場所に移動できる)

・古くなったら、新しい家に変えられる。

・状況に合わせて、調整できる。

<デメリット>

・払ったお金は戻らない。


3.私の場合

 私はあまり考えず家を買ってしまいました。5年中古一戸建てで2000万円ちょっとです。ローンを組むと万が一があった場合が怖いので、両親から借りて返済するようにしています。親がある程度余裕があったのはラッキーでした。利子だけでも相当払う必要あります。ざっくり計算で2500万円/33年/1.5%で700万円程度

 

家を買うのは難しいです。買った後に、ああすればよかったとか出てきます。また、変化に対応できません。例えば、転勤・転職など

 

4.個人的見解

あくまで個人的見解ですが、家は賃貸のほうがベターと思います。

 

日本の家は耐久性が低く、家を建てても50年もたてば立て替えが必要になります。また、トータルでは賃貸と持ち家の総額はさほど変わらないというデータも見ました。一番重要なのは足かせになるというところです。今のご時世、同じ仕事で食い続けるのは難しいです。その際、家に縛られると選択肢が狭くなります。

 

まあ、でも持ち家も良いことあるのでそれも有りかな。

車持は必要か?

 車は便利だけど

 

車は便利ですよね。好きなところに好きな時に行けます。私も車は持っています。てゆーか、公共交通機関が充実していないので持たないと職場にはいけません。

f:id:hgsksk:20170723133045j:plain


私は車は「走ればいいや」ぐらいのレベルなので軽自動車で、嫁は普通車を持っていてそれで遠出もします。

 

持っていれば便利で、手放せないです。近くのコンビニに行くのに車の時もあります。雨の時とか、超便利です。


でも、お金結構かかります。

 

車の維持費

車は誰でも買えます。でも、維持するのが結構大変です。

軽自動車で20万円/年、普通車で40万円/年。40年持っていたら結構すごいです

f:id:hgsksk:20170723132102p:plain

f:id:hgsksk:20170723132039p:plain

※月間走行距離1.3万㎞前提

車は持つべきか

車は便利ではあるけれど、持つ必要がなければ持たないほうがいいかもという考えです。

 

健康への投資

ロードバイク買っちゃった

健康はある意味最も大切な資本かもしれません。会社ですごく仕事ができる先輩がいるのですが、病気で休みがちでもったいないと思います。ベストなパフォーマンスを出すためには、やはり健康は大事と思います。

 

ということで、健康への投資としてロードバイクを買いました。BRIDGESTONEのブランド ANCHORのRL6と言うやつです。値段は何と18万円!!!自分の趣味で買ったものでは過去最高額です。

f:id:hgsksk:20170722113516j:plain 

 

基本的にはネットショッピングのほうが断然安いですが、あまり自転車について詳しくないので技術サービス料を含めて地元の自転車屋さんで購入しました。

 

今まではジョギングをしていたのですが自転車のほうが足への負担が少ないので自転車メインに切り替えることにしました。

 

お金の出元は、持ち株が100株貯まったので売却しました。また、会社から臨時の分配金が出ました。自分だけいいものは買いづらいので、嫁と折半して18万円を捻出できました。

 

持ち株はあまり増やし過ぎると、万が一会社が倒産した場合には大きな痛手となるため
基本的には貯まったら売却し、自分のために使うことにしています。


ロードバイクの乗り心地

多分、ロードバイクに乗ったことのない人は、なんで自転車にこんな大金つぎ込むんだと思うでしょう。うちの嫁にも”ママチャリあるやん”と言われました。

 

ロードバイクに乗ってみて、スピードが全然違いました。ママチャリをあっという間に追い越し、抵抗が少なくこがなくても、スーッと進みます。しばらく乗っていると、適度なストレスがかかり良い運動になりました。これなら、数十㎞なら楽に走れると思います。

 

できれば、70歳くらいまで乗りたいと思います。ひとまずの目標はロードバイク+適度な食事制限で85㎏→80㎏にしたいと思います。。。

 

財政破綻からのハイパーインフレ

日本の現状

日本の借金は天文学的で1000兆円以上、GDP比で230%を超えております。年間予算100兆円のうち、税金でまかなえているのは40兆億円程度で、残り60兆円を赤字国債で補填してます。

 

f:id:hgsksk:20170721065447p:plain

出典:世界経済のネタ帳

 

今すぐにでも増税し財政健全化すべきと思いますが、政府は何も出来ておらず問題を先送りしているだけです。

 

日本は大丈夫と言う人もいますが、私はそう遠くない将来、日本は財政破綻すると考えております。その結果、ハイパーインフレが起こり円の価値は暴落するはずです。

 

ここ数十年の間ではロシア、メキシコ、ベネズエラ、アルゼンチンなどでもハイパーインフレが起こって物価が数十倍に跳ね上がりました。

国が何もしてくれないなら、私たちは自分で資産を守るしかありません。

ハイパーインフレに対対策として私たちができること

調査の結果、私たちができるハイパーインフレ対策は「資産を分散する」ことだと思います。

 

大抵の人はほぼ貯金(円資産)だと思いますが、それを外貨資産や不動産に分散することが最良と思います。資産を分散しておけば、ハイパーインフレになった時の影響を軽減し、資産を守ることができます。

 

私の場合も円貯金がほとんど+不動産(マイホーム)ですが、可及的速やかに以下の目標に持っていきたいと思います。

・円貯金 30%

・米ドル貯金 15%

・米国株ETF 15%

・不動産(マイホーム)40%

 

約10年後に資産の多くを教育費として使う必要がありますので、そこまで積極的にはできませんが、上記のポートフォリオで進めて行きます。

何のために働くか

何年も働いていると毎日が惰性で過ぎてしまっています。最終目標とそのプロセスを頭に置いておけば、惰性で生きるよりより良い結果が生まれてくるはずです。

たまに、何のために働くべきかを振り返り、人生を軌道修正します。

何のために働くか

・お金を稼ぐ

・自分の存在意義を示す

・能力を高めて成長できる

・社会参加の安心感

・使命感を発揮する(世のため人のために役割を果たす)

・人間関係を広げる

・様々な経験を積む

・自尊心を満たす

やはりお金を稼ぐためと言うのは働く意味の大前提ではありますが、最終目標ではありません。働くことにより自分を成長させ、さらには仕事を通して人の役に立つことが最大の目標になると私は考えます。

 

今の仕事は、最終的には人の役に立っているかもしれませんが、個人の業務としてはあまり実感はありません。かといって、家族を養う必要もあるため転職する勇気もありません。今の仕事はキープしつつ、副業で人の役に立つことを考えていきたいと思っています。