幸助のマネー研究室

お金だけでは幸せになれません。ですが、お金で不幸が避けられることも多いです。お金は目的ではなく、手段とすべきと考えます。そのお金を上手に貯めるためにはどうすればいいか考えていきたいと思います。

マネープランでお金の不安を解消しよう

なぜマネープランが必要か

教育資金、老後資金はいつ・どのくらい貯めればよいのでしょうか?状況は人それぞれ違い、答えは「マネープラン」で分かります。

f:id:hgsksk:20170701204751j:plain


人生にはお金が貯まりやすい時期と、貯まりにくい時期があります。貯まりにくい時期は、子供が高校生~大学生の時期と言われます。

 

それまでに、教育資金を準備できていないと、進学を諦めるとか奨学金・教育ローンを組む必要が出てきます。

 

教育ローンは平たく言うと、「借金」ですので、あまりお勧めできません。

奨学金の方がましかもしれませんが、これも借金なので、子供が独立して自分で返済するとなると結構厄介です。

 

老後資金は子供が独立してから貯める、プラス退職金・確定拠出年金で貯えると思います。でも、それで足りるか不安です。

 

マネープランがあれば、生涯を通して年間収支はどのくらいで、いつどの様な出費があるか、貯蓄はどのように増えたり減ったりするのかが「見える化」できます。

f:id:hgsksk:20170701120039j:plain


マネープランの使い方

例えば、子供の大学進学に4年間で1000万円必要だとして、10年前から年間100万円ずつためていくとします。

 

しかし、年間収支は一定でなく、車の購入・持ち家のメンテナンス・旅行等が入ると支出が跳ね上り、目標額に達しないかもません。


そういったことを、防ぐためにマネープランが有効です。上記の場合は、マネープランを作成し、貯蓄開始時期を早めるなどの対応が可能ですね。

 

このように、生涯で資産がマイナスの時期があれば、何かの支出を抑えてプラスに調整することができます。

 

我が家の場合は、子供が2人居てどうなるかはわかりませんが、2人とも遠方の大学に通うことを想定してマネープランを組んでいます。現在、1000万円ある貯蓄も卒業するころには底をつきそうな勢いです。

f:id:hgsksk:20170701210016j:plain

マネープランのメンテナンス

マネープランを作成したとしても、人生そんなに計画通りにいくはずありません。
状況は常に変化します。そうした場合、毎年メンテナンスを行い、収入や特別出費を最新状況に更新します。

 

マネープランの重要な目的は、貯蓄の推移を見える化しマイナスの時期をつくらないことなので,計画どおりに確実に実行する必要はなく、予定が変われば、計画を修正すれば良いのです。

そう考えることで、計画に縛られるストレスは減ると思います。

まとめ

・マネープランで生涯の収入・支出・貯蓄状況を把握することができ、貯蓄がマイナスになる状況を予測し避けることができる。

・状況は常に変化するため、現状に合わせ計画を修正する。


そんなに心配しなくても人生何とかなると言う人も居て、それもいいかと思います。確かに、日本が財政破綻し、ハイパーインフレになればマネープランも
クソも無いです。。。

 

将来のお金が不安な人が居ればマネープランを作ってみて、生涯の資産の状況が見通せれば不安も減るかと思います。