幸助のマネー研究室

お金だけでは幸せになれません。ですが、お金で不幸が避けられることも多いです。お金は目的ではなく、手段とすべきと考えます。そのお金を上手に貯めるためにはどうすればいいか考えていきたいと思います。

私が米国ETFに投資する4つの理由

別記事にも書いていますが、私は現在 米国ETFの積立長期運用を行っています。他の方のブログで勉強させていただき、3つのETF(上場投資信託)を定期購入しています。


VTI(ほぼすべての米国株式) 10株

VYM(米国高配当株式)15株

BND(米国トータル債券)15株


始めたばかりですが、年間50万円分をNISA口座で手動積立購入しています。米国ETFを積立てて長期保有することで、リスク低減を実現させます。

f:id:hgsksk:20170728235447j:plain

米国ETFに投資する理由


1.米国は安定成長

米国は人口が増加しており、安定して成長している。それに対して、日本は人口が減少傾向であり、経済成長も止まっている。また、米国企業はグローバル企業が多く新興国の成長も取り込まれる。


2.個別株よりETFでリスク分散

個別株は面白いと思いますが、ETFよりハイリスク・ハイリターンです。個別株は当たれば大きいですが、優良株の選定が難しく、センスと労力が必要です。正直、私にはできるセンス、実力、余裕は無さそうです。

 

3.投資信託よりランニングコストが安い

日本の投資信託は0.5%前後で、優良なものでも0.2%です。

 

セゾン・バンガードグローバルバランスファンド:0.68%
ニッセイ外国株式株式インデックスファンド:0.216%

 

それに対し、VTI:0.04%、VYM:0.08%,BND:0.06 と桁違いで極限まで低くなっています。


4.ドル資産をもって日本のハイパーインフレに対するリスクヘッジ

私は日本財政破綻信者です。日本の借金1000兆円以上、GDP比230%で、年間予算100兆円のうち60兆円は赤字国債で賄っています。ありえない。。。そう遠くはない将来、財政破綻し、ハイパーインフレ(急激な物価上昇)になると思われます。


そのとき、すべて銀行預金だけだと紙屑しか残りません。そこで、資産のうち適当な割合をドル資産に移しておけば、ハイパーインフレ対策になるかと考えています。

 

最終的には、上記ETFで配当再投資による無限増殖を目指しております。それにより、老後の資産寿命を伸ばしたいと考えています。

 

道のりは超遠いけどね。