幸助のマネー研究室

お金だけでは幸せになれません。ですが、お金で不幸が避けられることも多いです。お金は目的ではなく、手段とすべきと考えます。そのお金を上手に貯めるためにはどうすればいいか考えていきたいと思います。

持ち家vs賃貸に決着

 持ち家vs賃貸は永遠のテーマです。それぞれメリット・デメリットありどちらがいいかは結果論になります。

f:id:hgsksk:20170726213932j:plain

1.持ち家

<メリット>

・隣に気兼ねせず、音がたてられる。

・自分の城として満足感がある

・土地・建物が資産として残る

・老後は家賃がほぼない。

(メンテナンス、固定資産税等を除く)

 

<デメリット>

・ローン以外の諸費用がかかる(固定資産税、メンテナンス)

・長期ローンを組むと、莫大な利子を払う必要がある。

・移住の足かせになり、しがらみとなる。
 (転職がしにくい。嫌になっても簡単に移れない)

・だんだん古くなる。

・子供が出て行ったら、広すぎる

 

2.賃貸

<メリット>

・移住が割と簡単にできる
(嫌になったら違う場所に移動できる)

・古くなったら、新しい家に変えられる。

・状況に合わせて、調整できる。

<デメリット>

・払ったお金は戻らない。


3.私の場合

 私はあまり考えず家を買ってしまいました。5年中古一戸建てで2000万円ちょっとです。ローンを組むと万が一があった場合が怖いので、両親から借りて返済するようにしています。親がある程度余裕があったのはラッキーでした。利子だけでも相当払う必要あります。ざっくり計算で2500万円/33年/1.5%で700万円程度

 

家を買うのは難しいです。買った後に、ああすればよかったとか出てきます。また、変化に対応できません。例えば、転勤・転職など

 

4.個人的見解

あくまで個人的見解ですが、家は賃貸のほうがベターと思います。

 

日本の家は耐久性が低く、家を建てても50年もたてば立て替えが必要になります。また、トータルでは賃貸と持ち家の総額はさほど変わらないというデータも見ました。一番重要なのは足かせになるというところです。今のご時世、同じ仕事で食い続けるのは難しいです。その際、家に縛られると選択肢が狭くなります。

 

まあ、でも持ち家も良いことあるのでそれも有りかな。