幸助のマネー研究室

お金だけでは幸せになれません。ですが、お金で不幸が避けられることも多いです。お金は目的ではなく、手段とすべきと考えます。そのお金を上手に貯めるためにはどうすればいいか考えていきたいと思います。

図書館の有効活用

私は本を読むのが結構好きです。面白い本ですと、夢中になれます。

本を読む疑似体験により、少ない経験値を増やしてくれます。

数年前までは小説が好きで、 東野圭吾 池井戸潤にはまっていました。近年は実用書にシフトして、うまく生きるためのノウハウ本や投資関連の本を読み漁っています。

インターネットが普及した近年では、本の需要も減ってきていますが、インターネットにはない深堀りされた内容を見ることができまだまだなくならないと思います。

本屋に行くといろんな本が並べてあり楽しいです。

色々買いたいですが、それだと結構お金がかかってしまいます。本は自分への投資なので、できるだけケチりたくないという考えすが、良い本でも2度読むことは少なく買うまではいいですが、処理することまで考えるとどうも合理的ではないという考えに至りました。

そこで最近は、基本は本屋で読みたい本を調査し図書館で借りる。図書館で手に入らない本があれば本屋かネットで買うというスタイルにしました。

市内の図書館では2週間借りることができます。予約者がいなければ、延長もできます。

私は記憶力が平均値より悪いので、読んだ本の重要項目はメモを取るようにしています。本を返却しても履歴は残りますので問題なしです。

でも、やはり本屋のほうが品揃えが豊富で、良書がアピールされていて探しやすい環境ですので本屋も外せません。

両者のメリット・デメリットをまとめるとこんな感じですかね。

<本屋>

  • 品ぞろえが豊富
  • お勧めの本、人気の本がアピールされており良い本に行きつきやすい。
  • ゆっくり時間をかけて読むことができる
  • お金がかかる
  • 良書でも2度読むことは少なく、貯まってしまうと処分する必要がある。

<図書館>

  • 無料!!!
  • 家に貯まらない
  • 2週間の期限がある

 

今後も良い本があれば紹介していきたいと思います。